モバイルワールドコングレス(MCW)2021で展示されたEyewareビームヘッドおよびアイトラッカーiOSアプリ

アイトラッキングは何年も前から高価なものでした。しかし、スイスの企業がそれを解決しました。

マルティニー(スイス)およびバルセロナ(スペイン)、2021年6月28日 - Eyeware Tech SA

今後数年間で、ゲーム業界は2026年までに$ 280B、コンテンツ制作業界は2021年から2026年までに12%のCAGRを示し、それぞれUS$ 16Bに達すると予想されています。これらの市場を牽引する要因として、より没入感のあるゲーム体験や、デジタルコンテンツ制作を補強・再定義するツールへの需要が高まっていることが挙げられます。Eyeware Beamは、ゲーマーやストリーマーがゲームやコンテンツでアイトラッキングやヘッドトラッキングを有効にできるiOSアプリを市場に投入することで、このプロセスを加速させることを目的としています。

EyewareがMWC2021でB2Cのフラッグシップ製品を発表 Eyeware ビーム iPhoneやiPadをWindows PCのヘッド&アイトラッカーにするものです。このパブリックベータ版は、2021年6月24日にProduct Huntで正式公開され、世界のメイカーズコミュニティから大きな注目を集めました。"余分なハードウェアを買う代わりに、ポケットにあるデバイスを活用できる "これは、(文字通り)ゲームチェンジャーであると信じています。私たちは、ストリーマーやゲーマーが今日経験しているこの参入障壁を取り除く製品を作りたかったのです" と、Kenneth Funes - CEO/CTO of Eyewareは述べています。

このアプリは、以下のことに役立ちます。

  • 頭の動きをゲームの入力とするシミュレーターゲーマー。
  • 視聴者が見ているものを共有し、ユニークなコンテンツを生み出し、より大きなクラウドを集めたいと考えているコンテンツクリエイターの方々。
  • FPS、MOBA、リズムゲーム、チェスゲームのプレイヤーで、OBSを使って視線をリプレイに記録することでゲームプレイを向上させたい方。
  • アイトラッキングバブルと重ねてゲームプレイのインサイトを共有し、他の人を教育したいと思うゲーマー。
  • ライブアイトラッキングオーバーレイで視聴者と自然でよりわかりやすいコミュニケーションをとりたいストリーマー。ストリーミングの際、アクションの詳細をピンポイントで確認するために視線オーバーレイを使用すると簡単です。

ヘッドトラッキング機能は、Open TrackまたはFree Trackとの連携に対応した150以上のゲームに対応し、アイトラッキング機能は、Windows PCの画面に表示されるあらゆるゲームやコンテンツタイプにオーバーレイとして追加することが可能です。

"当社は、コンピュータビジョン、AI、さらに3Dカメラ(Apple社の前面TrueDepthカメラなど)を用いて、遠隔かつ正確に視線と頭部を追跡する独自の特許出願中の技術を開発しました。そのため、Eyeware Beamは、現在、TrueDepthカメラを搭載したiOSデバイス(Face IDに対応したもの)にのみ対応しています。トラッキング機能は、Eyeware Beamアプリを開いているときに、iOSデバイス上で動作します。一方、PCには対応するソフトウェアをインストールする必要があり、一度デバイスとペアリングすれば、ユーザーは視線をストリーミングしたり、ヘッドトラッキングに対応したシミュレーターゲームをプレイする準備が整います。"~ Kenneth Funes、EyewareのCEO/CTO

現在、Eyeware Beamはパブリックベータ版として、一時的に無料で使用することができます。今後数ヶ月の間に、新しく改良された機能を搭載した有料版がリリースされる予定です。アプリは以下の方法でアクセスできます。 これ.

Download On The App Store Badge Us Uk Rgb Blk 092917

Eyewareについて

Eyewareの3Dアイトラッキング技術は、独自の3Dコンピュータビジョンアルゴリズムと機械知覚AI技術により、デバイスを通じた人々のつながりやデバイスとのつながりを強化するものです。同社は、あらゆるデバイスでアイトラッキングの価値と信頼性を高め、より人間中心のソリューションを構築することを目標としています。EyewareのB2Bポートフォリオには、消費者向けデバイスアプリケーション、自動車、トラック、列車におけるドライバーモニタリングとインタラクション、UXと人間工学の研究、小売業向け分析が含まれています。

メディアお問い合わせ先

サブリナ・ヘルロ(メディア担当

Eyeware Tech SA

電子メール:s[email protected]